また戻ってきたくなる - 杉野沢 やまきやさん

2017.03.20

あったかい宿、やまきやさん

杉野沢温泉のいくつもの宿があるうち、最も山に近い宿の一つがやまきやさんです。キャッチフレーズの通り、また戻ってきたくなる、あったかい懐かしい場所です。行ってみると、多くの学生や子どもたちや親子連れが泊まりに来たりしています。

にぎやかで大勢の人がいるイメージ。夜の食事タイムも、朝食タイムも、みんなスキーやスノボの話でテンションがちょっと高め。楽しい雪山生活がそこにあります。

わたしはスノースポーツは初心者の域をなかなか出ないため、どちらかというと、うまくできるか心配していたりする時間の方が長かったりしたのですが、周囲のそんな雰囲気に癒やされました。

やまきやさんのすぐ目の前にはやまきや体育館があります。そこでは何をやっているんだろう。おそらく本格的なトレーニングですよね。説明を聞いたことはありませんが、今回ご主人から、この220世帯の狭い中から、今までに2人もオリンピックに出場したと聞きました。これもこの妙高という場、雪質の素晴らしさを物語っていますよね。

体育館の脇を上がって右に曲がると、ロマンスリフト乗り場とレンタルショップがあります。そう、やまきやさんからのスキーは、ロマンスリフトから始まるのです。

談話コーナーが良い

また、前回宿泊した際、スノボで転んだりしてどこか身体を痛めたことがありました。
友人よりも一人で先に宿に戻り、玄関を上がったところにある談話コーナーのところで暖まらせてもらいました。
普通だったら、借りているお部屋に戻って一人畳の上で休むところなのに、なぜだか、その小さな空間は、暖房を囲んでなんとなく誰とでもお話が出来るような、不思議なコーナーなのです。

奥さんが、ずいぶんと世話してくださったことを思い出しました。あれこれ働いている中、わたしのほかにも大学生らしき女の子が一人、やはり同じコーナーで暖まっていました。

お互い気を遣うでもなく、でも一緒に面倒を見てもらっている。なんだか、本当にほっとする場所です。

きれいな星空

夜、お風呂も食事も済ませた後に外に出てみると、とても静かで美しい星空が見えます。無数の星の広がりを本当に身近に見たのは、ここからが初めてです。

標高は何メートル?700mくらいでしたか。自分の町よりもずっと空に近く感じます。

もちろん、極寒なので、まねしたい方は、冷えないように、くれぐれもしっかりあったかくして見てくださいね。

キーワードタグ

<泊まる>に関する記事をもっと見る

このエリアの記事をもっと見る