雪国でほっこり温泉

2017.04.03

雪だるマン 雪だるマン

はじめての雪国

長野駅からしなの鉄道で妙高高原へ。妙高市に入ると一面の雪景色!
広い畑に真っ白の雪と、動物の足跡…東京生まれの私は雪を見るだけでワクワクです♪
妙高高原駅でえちごトキめき鉄道に乗換え、燕温泉最寄り駅の関山駅へ。
電車が進むと雪もだんだん深くなる。
関山駅には懐かしのストーブ。燕温泉行のバスが停まってました!
運転手のおじさんが優しくて、地元のお話を色々聞かせてくれました。
バスに乗ること40分、どんどん雪が深くなって、燕温泉に着くと3mくらい雪が積もっていて、もう感動✨バス停の看板も雪に埋もれてる…(笑)
雪が地層のように何重にも積もっていて、すごい迫力!宿の前の道には、温泉を少ーしずつ流して雪を溶かしているようでした。その温泉の湯気が立ち昇って何とも幻想的な風景…

湯の花舞う燕温泉

バス停から歩いてすぐのホテル岩戸屋さん。
ホテルとは言っても、お部屋は渓谷向きの和室。旅館のような感じです。
ダイニングで早速お夕食をいただきました。ごはんはどれも上品な味付けで、お刺身や山菜、鍋など盛り沢山!とっても美味しかったです♡
ごはんを終えたら一休みして、いざ温泉へ!
岩戸屋さんでは男女別で内風呂、露天風呂があり、どちらも源泉かけ流し!
24時間入浴できます。
内風呂は観音風呂といって、浅くて広い段差があるので半身浴にもぴったり。
露天風呂は石うすの湯といって、石うすで囲まれた露天風呂で雪を見ながらのんびりお湯に浸かれます。
温泉は少しぬるめで、白いにごり湯。お湯の中には湯の花といって、温泉成分の沈殿、析出したものがふわふわ待っていて、ほんのり硫黄のいい香り。
心も体も芯から温まって、ゆっくり休めました。

雪だるまづくり

翌朝、起きるとほんのり雪が舞っていて、朝食をいただき、チェックアウトした後、バスが来るまでの時間、いざ雪だるまづくり!
雪だるま作ーろ〜♪と、歌いながら、ちっちゃい雪玉を転がすと、みるみる大きくなっていく!初めてのBIG雪だるま!枝や石ころを拾って手や顔をつくって。
小さいのをホテルの前にこっそり(?)飾ってきました♡
バス停近くには大きい雪だるまさん。足跡のついてない、まっさらの雪の上に倒れ込んで自分の人型をつくる。一度やってみたかった…笑
思う存分雪遊びをして、帰りの電車はもうぐっすりでした笑

夏になると、奥の惣滝や2つの野天風呂にも入れるそうで、登山の方たちにも人気だそうです。今回は雪で思いっきり遊べたので、次は暖かい季節にもまた来てみたいです♪

キーワードタグ

<温泉>に関する記事をもっと見る

このエリアの記事をもっと見る